男も綺麗にした方が生きる上で便利

男性の方たちよりお話を聞きました。

自分たちがなぜ女性と同じように脱毛をするのか、そして綺麗を目指すか。
そういったことの本音について語ってもらいました。

男も綺麗にした方が生きる上で便利

 

メンズエステ等も活況を見せ、男でも綺麗にしたいというニーズが多い事がよく解ります。

 

美に執着する男もいますが、私の場合はヒゲを剃るのとケアが面倒という理由から、綺麗にした事はあります。

 

ヒゲ脱毛を行ったのですが、頬や首のムダ毛に関しては自分でも見ても不潔に見えますし、当時はお客さん相手の商売をしていたので、いちいち剃るのも面倒な上に、肌荒れもあります、それならばと朝のヒゲ剃りの時間は省かれて、なおかつ清潔感が出るヒゲ脱毛をやる価値はあると思いヒゲ脱毛を行いました。

 

朝剃っても夕方には生えてくるヒゲは正直厄介な存在でした、家でずっと居る仕事や、1人で出来る仕事の場合は気にしなくても良いと思いますが、客相手の仕事ではヒゲは無い方が良いです。

 

青々としたヒゲの剃り残しが目立つ人よりも、爽やかな人に接客される方が良いですし、実際印象が良くなった実感は明らかにありました、ヒゲを剃らないという事で朝にも余裕が出来ましたし、綺麗という状態にすると、面倒な事が省けたり、それだけで人に好印象を与える確率が高くなるので、生きやすくなるというメリットがあります。

 

仕事でのお客さんとの付き合いだけでなく、会社間の取引の場でも綺麗にした方が印象が上がってコミニケーションが取りやすくなり、生きやすいです。

 

綺麗にしておく方が、自己管理が出来ているデキル男風にも見えるし、最初は形だけでデキなくても、チャンスが広がりやすく、デキる男に育つ可能性も広がります。

 

30代男 T.Y.より


外回りの営業に役立たせる為に

 

背が低い方なのに横幅が大きく、顔も体も全体的に毛深いので、学生時代には名前に原人と付けられてからかわれていました。
外回りの仕事をすることになり、人と接することが多くなったので、身だしなみに気をつけるようになりました。
見た目的にいい印象を与えるのは、外回りの営業にとっては重要だ、と上司も言っていたのが一番の切っ掛けです。

 

特に夏場には人一倍濃い腕の毛が、相手に暑っ苦しく不快な印象を与えて営業に悪影響なので、そこから手を付け始めました。
初めのうちは男なのにエステを受けるのが気恥ずかしくて、四苦八苦しながら自分で抜いたりしてたのですが、毎年メンズエステで脱毛してもらっている今では、全く抵抗もなくなりました。
さすがに自分でやるよりお金は掛かりますけど、自力では跡が残ったりして結局見苦しくなるので、必要経費と割り切ってます。

 

ずんぐりした印象を拭う為にダイエットも始めてみて、体重もそこそこ落ちお腹もへこんできたのに、相変わらず体型がずんぐりしているのが悩みです。
体重が落ちたところで太り気味なのも確かですが、骨格からしてずんぐりした印象を与えるような骨格なのかもしれません。

 

営業のために始めたことですが、それでも見た目を褒められれば嬉しくもなりますし、これからもより綺麗になるよう努力し続けたいと思っています。

 

20代男 Y.M.