ナルシスト

男性の方たちよりお話を聞きました。

自分たちがなぜ女性と同じように脱毛をするのか、そして綺麗を目指すか。
そういったことの本音について語ってもらいました。

男が綺麗になろうとする理由

 

最近の男は昔とは違って自分を綺麗に見せようとする努力をする人が増えていると思います。
その一人として私もいます。確かに普通に常識的に考えて女みたいに綺麗にしようとする男は気持ち悪いと思う女性も多いと思います。私も女みたいなスキンケアの仕方をしている男はどうかと思います。

 

ですが私みたいに明らかに剛毛な体質の男がそれを男だからと言って放っておくのは逆にどうかと思います。
昔はそういう男の人が多かったから剛毛な男の人がそれを放っておいても別に普通の事だったのだと思います。
ですが、今は女性みたいに全く体毛が無い男がかなりいる時代においてまるで猿みたいな体毛をしていて、それ全く処理しないのはもはやデリカシーが無い人だと私は思います。

 

ですから、こういう場合には最低限のエチケットとしてムダ毛の処理などのケアを男もすべきだと私は思います。
こういうのは自分が綺麗になりたいというよりは私の毛むくじゃらの濃い体毛を見て不快な気持ちに相手をさせないようにしようと思っての事ですので私はこういう場合は積極的に男も脱毛をすべきだと思います。

 

ですから、ある種のナルシスト的な男とはまったく違うという事をみなさんに理解して欲しいです。

 

30代男 I.T.より


キラキラしているメンズになりたい

 

男がキレイになりたいなんて女性が聞いたらナルシストのように思われるかもしれませんが、男は誰しも良い男でいたいと思っているものです。

 

女性は「男は夢や仕事や家庭を大事にするのが良い男」だと言うかもしれません。
しかし、女性は言うほど男性の見た目にこだわらないでしょうか。私はそんな事はないと思います。

 

女性がイケメン芸能人に黄色い歓声を上げるのは何故でしょう。それは彼らが輝いて見えるからに他なりません。
彼らは多くの人目に触れる人気商売です。人気が無ければ食べていけない。

 

その為に自分を磨いているのです。それは一般の職業の男性も同じです。

 

見た目が良いということは対人関係において好印象を生み出します(とかく異性問題では例外もありますが)。

 

キレイ=清潔感・きちんとしている・オシャレと考えた場合、やりすぎは何事もいけませんが基本的には良いイメージしかありません。

 

男も女性と変わりません。
他人から良いイメージで見られたいのです。私が月1で美容院に通うのも、流行のパーマをかけるのも、鼻毛カッターで鼻毛を切るのも、週末は濃いヒゲを脱毛しているのも、全て他人の目を気にしているからなのです。

 

ヒゲを毛抜きで脱毛する作業は1時間ほどかけています。

 

やり方がまずい時などは肌を傷めたりすることもあります。そのリスクを背負って男は男なりのキレイを目指しているのです。

 

30代男 K.Y.より